『大切な眼鏡』の修理について     -他店にてご購入されましたお客様へ-

昨今、色々な眼鏡が流通しております

 

多様性に富んだデザインフレーム、素材にこだわったフレーム、生産国の限定されたフレーム、生産数を限定したフレーム・・・、

 

すごくありがたい環境に感謝しておりますが、

 

眼鏡とは、矯正用としてまた、ファッションの付属品として、存在致します

 

ただし、一つ厄介なことに遭遇してしまいます

 

修理をお受けするか、お断りをするかです

 

それは、ブランド製品の販売の取り扱いがない・取り扱えない商品が、数多く存在することです

 

 素晴らしいです(笑)

 

修理の最終着地点は、意外に近くの眼鏡屋さんです

 

眼鏡修理のことで、お困りになられます方に、

 

『この製品のブランド取扱がないもので、修理をお断りさせて頂いております』と言うような感じです

 

早野眼鏡院は、困っております

 

大変困っております!

 

多数ブランド商品の取扱が少ない

多数ブランドの中よりセレクトし、どこにでもあるようなブランドが性に合わない小さな眼鏡屋です

 

だからこそ、こころよく修理をお引き受けしたいと思っております

 

修理には最善を尽くします

『大切な眼鏡』を万が一にでも、丁寧に取り扱う修理の中で破損してしまって、元の状態よりも状況が悪化してしまうと思うと、なかなか、修理をしましょうとは、言えません

 

取扱ブランドがないにも関わらず、知識や技術が伴わなく修理を進行するなど無責任にもほどがあると存じます

 

修理内容の大半は、フレームの曲がりです

 

常日頃より、お使いになられているからこそ、かかりつけの眼鏡屋さんが必要と考えます

 

お客様の事を思うからこそ、お客様の『大切な眼鏡』だからこそ、今一度、かかりつけの眼鏡屋さんにご相談されてみては、如何でしょうか

 

早野眼鏡院では、それでもなお、修理のお申し出がありました場合には、お引き受けをさせて頂いております

 

確認書なる物を作成させて頂いております

※修理に関する念書になります

 

※早野眼鏡院にて、販売させて頂いた商品につきましては、修理をお引き受けいたします

 

◎まれにですが、フレームの曲がりには、

レンズ加工により左右される場合がございます

 

ご判断が難しいときは、ご相談下さい

 

参考例:

・レンズの形状がフレームに合っていない

・フレームが曲がったまま、又は、歪(ゆが)んだまま、レンズ加工をした

 ・製作完成後、無理にフレームを曲げ、時間が経つにつれて、フレームが歪(ゆが)む

 ご参考程度まで